寄附の種類

研究等支援基金

富山大学では、研究等支援基金を設置し、学生又は不安定な雇用状態にある研究者に対し、以下の3つの事業により必要な支援を行います。

支援事業

  • 学生又は不安定な雇用状態にある研究者が公募により選定されて参加する研究に関するプロジェクトにおいて、その学生又は不安定な雇用状態にある研究者が自立した研究者として行う研究活動に要する費用を負担する事業
  • 論文の刊行に要する費用、学会等への参加に要する旅費その他の費用で研究活動の成果を発表するために必要なものを負担する事業
  • 大学院に在学する学生又は不安定な雇用状態にある研究者のその専門とする分野に係る研究者としての能力及び資質の向上を主たる目的として、異分野の研究者との交流その他の他の研究者又は実務経験を有する者との交流を促進する事業

税法上の優遇措置

研究等支援基金へ寄附された個人の方には、所得税法上の優遇措置があります。税額控除または所得控除のどちらか有利な方式を確定申告時に選択することができます。

税額控除

所得税率に関係なく、所得税額から直接寄附金額の一定割合が控除されます

(寄付金額-2000円)×40%=控除対象額と所得税額から控除します

確定申告の際には、「寄附金受領証明書」と「税額控除に係る証明書(写)」の提出が必要となります。「税額控除に係る証明書(写)」は、「寄附金受領証明書」とともにお送りいたします。

所得控除

所得に応じた税率を寄附金額に乗じて控除額が決定されます。

(寄付金額-2000円)×所得に応じた税率を所得税額から控除します

確定申告の際には、「寄附金受領証明書」の提出が必要となります。

  • ※1 寄附金額が総所得額等の40%に相当する金額を超える場合は、40%に相当する額が税額控除対象の金額となります。
  • ※2 控除対象額は、所得額の25%を限度とします。

研究等支援基金に関するお申し込み・お問い合わせ先

富山大学基金事務室
〒930-8555 富山市五福3190
TEL:076-445-6178 FAX:076-445-6014
E-mail:kikin@adm.u-toyama.ac.jp